ステキな一冊にしよう

私たちはみな、自分の人生を生きています。

あなたという存在は、世界にたった一人しかいません。

だから、あなたの生き方も、世界にたった一つ。

誰かの人生をうらやんでみたり、比べたりは意味のないことです。

それよりも、自分の人生の足元をしっかり固めて、自分が今やりたいことや、目標とすることを明確にしてみましょう。

誰かと自分ではなく、去年の自分、昨日の自分より成長できたかをみてみるといいでしょう。

そして、ここまで出来るようになった...、精一杯やった...と、どんな小さなことでも自分を褒めて達成の喜びを味わいましょう。

その気持ちが、自分自身を鼓舞し、強くしてくれるのです。

あなたがあなたに生まれたのには意味があり、魂を成長させるための使命があります。

あなただけの人生という物語。

あなたは誰かと比べられる脇役ではなく、いつも主人公であることを忘れずに...。

-未分類