心の目で…

私の娘が通った幼稚園には、目の見えない先生がいらっしゃいました。

毎日、一緒に遊んだり、点字の絵本を読んでくれたり、たくさんの子供たちとともに幼稚園で生活をされていました。

ある日、園児たちがその先生に渡したお手紙には、「いつも心の目で私たちをみてくれてありがとうございます。」と書かれていました。

まさに、先生は、心で私たちを見て、心で感じたまま接してくれました。

私たちには、目と、心の目があります。

目に入ってくるのは、そのままの情報。

そして、心の目で感じるということは、深い理解なのだと思います。

心の目で見るには、心のゆとり、柔軟さが必要です。

目の前の情報に流されたり、鵜呑みにしたりするのではなく、

目を閉じて、自分にとって必要な情報なのか、何が大切なのかを見極める、心の目を意識して過ごしたいですね。

-未分類