5つの短い章からなる自叙伝

2016/10/06

image.jpeg
ひとつの詩をご紹介します…。
 
 
“5つの短い章からなる自叙伝
 
 
第1章
私は通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私は落っこちる。
私はどうしたらいいのかわからない、・・・どうしようもない。
これは私の間違いじゃない。
出方がわかるまでものすごく時間がかかる。
 
 
第2章
私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私はそれを見ないふりをして、
またまた落っこちる。
また同じ場所にいるのが信じられない。
でも、これは私の間違いじゃない。
やはり出るのにずいぶん時間がかかる。
 
 
第3章
私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
それがあるのが見える。
それでも私は落っこちる、・・・これは私の習癖(くせ)だ。
私の目は開いている。
自分がどこにいるのかわかる。
これは私のしたことだ。
すぐそこからでる。
 
 
第4章
私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私はそれを避(よ)けて通る。
 
 
第5章
私は別の通りを歩く。
 
 
 
From "There's a hole in my sidewalk: the romance of self-discovery" by Portia Nelson
作/ポーシャ・ネルソン 訳/深沢道子”
 
 
この詩は、ポーシャ・ネルソンという女優さんの詩です…。
 
 
まさに人生の歩みとは、地図のない旅…。
 
 
その上、自分自身の足で確かめながら進まなくてはなりません…。
 
 
間違ったり、または、分かっていながら抜け出せなかったり…。
 
 
私たちは、もがきながらも、自分のあやまちを正しながら…、
 
 
そして、ついには真の眼を開き、自分自身の道を切り開いてゆくのです…。
 
 
何度も立ち上がる強さを、私たちは持ち合わせています…。
 
 
常に、前を向き、光のさす方を目指して…。
 
 
~ANGELICA~アンジェリカはという名前は、
 
 
オーラソーマのボトルのひとつ、オリオンアンドアンジェリカからいただいています…。
 
 
夜のとばりを下ろす天使と、開ける天使の名前です…。
 
 
私たちは、常に何かに別れを告げ、新しい何かを受け入れ、流れを作っていくことが大切です…。
 
 
そんな願いを込めています…。
 
 
 
~ANGELICA~アンジェリカ

-未分類