幸せへ続く道

2016/10/06


誰にでも心があります。
今、あなたの心はどんな思いで満たされているでしょう。
喜びですか。悲しみですか。
その感覚を忘れないでください。
心は、いつもあなたの中心、真ん中にあります。
誰かと喜びを分かち合いましたか。
誰かの痛みを感じますか。
あなた自身が感じた思いを忘れていなければ、誰かの喜びや悲しみを共に分かち合うことができます。
あなたが悲しい時、どうして欲しいと思ったでしょう。
ありたい姿を思い描けば、あなたの心は、いつも人の喜びや痛みを感じます。
そんな風に、分かち合える姿こそが、平和と幸せへの道だと思いませんか。
iPhoneから送信

-未分類