本来の自分に

2016/10/06


例えば、仕事において、または育児など、今あなたに任されていることの本来の目的を覚えていますか。
自分の名誉や地位を傷つけたくない、
人からどう思われているのか、評価が気になってしまう、
また、こうあらなくてはというプレッシャーに、
いつの間にか潰されていませんか。
あの時抱いた、夢や希望は心の中にまだありますか。
最初の気持ちと今の気持ちに違いはありますか。
苦しくありませんか。
自分を見失ないそうになったら、お越しください。
本来の自分に帰りましょう。
iPhoneから送信

-未分類