社会から学ぶこと

2016/10/06


人に優しくあるということは、どれだけ人の痛みを分かるかということです。
自己中心的になるのではなく、相手の立場に立って考えること。
時に、それを想像することも大切です。
一方的に気持ちを押し付けるのではなく、相手がそのような行動をするのには、何か理由があるのかもしれないのです。
いずれにせよ、相手を理解するには、相手を分かろうとする努力も必要です。
まずは、一旦、相手を受け入れてあげましょう。
考え方や、行動は人それぞれです。
違って当たり前なのです。
しかし、社会は共存です。
だからこそ、受け入れるという質は忘れてはいけません。
それができれば、本当に優しくなれるのです。
人間関係は、難しく、お悩みも多いところです。
誰もが社会と関わって生きている以上、ずっと身近で、また、難しいテーマかもしれません。

-未分類