同じ時を生きた証

2016/10/07


家族、友人など、あなたの大切な方と一緒の時間を持ちましょう。
人生は長いようであっという間です。
あの時こうしていればと後悔しないように、ともにいる時間を大切に過ごしましょう。
子供の巣立ちは早いですし、それぞれが年を重ねて少しずつ取り巻く環境は変わっていきます。
今という一瞬は2度ときません。
相手を想う気持ちがあれば、愛の絆は自然と深くなっていきます。
ともに同じ時を生きた証はかけがえのないものです。

-未分類