サーカスの象のお話

2022/01/11

それは、サーカスの象の話なんですが、サーカスの象は、片足に鎖をつけています。象の力ならば、そんな鎖など引きちぎれるはずなのに、することはありません。
どうしてかというと、象が小さいころ足に鎖をつけられ、もがいても無駄なことを学んだからなのです。そのまま大きくなるので、象はもがいてもにげられないことを知っているので鎖を引きちぎらないそうです。
これを、私たちにあてはめてみると、あなたは○○な性格だから~だよ。あなたは○○だからあなたには向いてないよ。など、人からの評価をうのみにしてしまうと、あなた本来の持っている才能や可能性をつぶしてしまうことになってしまいます。
人の目線で自分を決めつけない。そして、人に指図される人生であってはなりません。
あなたの未来には、あなた自身の足跡を刻まなくてはいけません。あなたの足で歩けば、あなたにしか見えない景色が見えます。
人生は、制限されるものではなく、限りなく広がっていくべきものなのです。

ご予約・お申込み

> スピリチュアルカウンセリング料金に関して

> バッチフラワーセラピー料金に関して

> お申込みに際しお読みください

ご予約専用LINE開設しました

友だち追加後にメッセージをお願い致します

-メッセージ